ねじ・部品の規格品販売・特注製作から検査まで一貫してご相談ください

株式会社フカサワのホームページをご覧いただきありがとうございます。弊社はねじや部品・パーツの総合商社として、規格品のねじ・部品を卸すだけではなく、規格外のオリジナルねじを図面から製作したり、部品・パーツの企画やそれに伴うコストダウンをご提案させていただいております。創業から75年で培ってきた技術力、提案力、対応力でお客様のご要望にお応えしております。

  • 「はじめての方へ」ページへの案内
  • 「発注先切替をご検討の方へ」ページへの案内
当社の製作・製造品事例

株式会社フカサワではさまざまなねじ・部品の製作実績がございます。切削加工、曲げ加工、抜き加工、鋳造、フォーミングなど幅広い加工が可能です。形状や求められる性能、コストなどに応じて適切な加工方法を選択し、安定的に製品を供給。お客さまの生産工程における課題解決に貢献します。既製品、量産品はもちろん、特注品の製作や複雑形状、難削材の加工もお任せください。加工法別に製作・製造品事例を掲載しておりますので、参考になれば幸いです。

切削加工品

切削加工品

切削加工品

切削加工品

曲げ加工品

曲げ加工品

抜き加工品

抜き加工品

鋳造加工品(クローム仕上げ)

鋳造加工品
(クローム仕上げ)

マルチフォーミング加工品

マルチフォーミング加工品

ワイヤーフォーミング加工品

ワイヤーフォーミング加工品

フォーミング加工品

フォーミング加工品

サービス一覧

サービス一覧はこちら

部品加工・製作

フカサワが得意とする、金属・樹脂など部品の販売やオーダーメイド製作・加工に関するページです。規格品販売、特注の部品製作からVA/VE提案、検査まで一貫してご相談ください。

ねじ加工・製作

特注ねじ製作・加工、規格品販売からVA/VE提案、検査までご相談承ります。金属・樹脂など材質も用途や目的に合わせてご提案可能です。

自社設計ねじ・部品

お客様からいただいた声を活かし、真に現場の作業に役立つねじ・部品を開発・販売しております。

ねじトルク測定

ねじ(例えば、タッピンねじ等)の性能、めねじ素材の性能を評価・分析が可能なトルク測定機販売およびトルク測定受託サービスです。

設備製作

品質チェック設備や自動組立設備など、お困りごとを解消し品質を管理する設備を特注製作します。

品質管理システム

だれもが簡単に操作できる「QC-WAVE」で品質管理がもっと快適に、正確になります。

株式会社フカサワ の特徴

特徴1創業75年の経験からの 「対応力」

積み重ねたノウハウ・実績が生み出す製造に関する幅広い知識で、価格・品質安定のご提案でお客様に支持されています。特に昨今は、人手不足による自動化・効率化の設備導入をする企業様が増えています。
品質安定を軸に、最適な設備等の提案も力を入れています。

特徴2検査・分析もおまかせください

ねじ、部品・パーツの規格品提案、特注製作に限らず、トルク測定・品質管理システムのご提供まで一貫してご相談いただけます。また、これらシステム開発によるノウハウの蓄積が、品質安定の的確なご提案にもつながっています。

特徴3環境・品質の管理もおまかせください

品質保証に関する書類(製品検査表やミルシートなど)の管理・発行もおまかせください。
トルク試験機、「QC-WAVE」などの社内設備も活用し、対応致します。
また、海外基準の環境負荷物質について調査・対応も得意としております。
自動車や弱電分野をはじめとした様々な業界のニーズに対応してきた弊社にお任せください。

特徴4チームワークに自信あり

よりよい製品やご提案を提供し続けるためには、社内のチームワークが欠かせません。弊社では品質管理、トルク測定、販売・デリバリー等お客様のご要望にチームで貢献いたします。おかげさまで多くのお客様に弊社のサービスをリピートいただいております。

特徴5 お客様の目線に立ち続けます

「工場をもたないメーカー」だからこそできるフットワークの軽さと、創業75年の実績と誇りを持って、案件の大小に関わらず、お客様のご要望に真摯に対応させていただきます。

株式会社フカサワのサービス提供図

実績・事例

車、航空宇宙、鉄道、建設機器、医療機器、建築、アミューズメント、スマホ、PC、IoT等
多岐にわたるメーカー様への様々なVA/VE提案及び解決事例をご紹介します。

実績・事例はこちら

加工種類一覧

フカサワはねじやパーツの総合商社でありながらも、オーダーメイドのねじや部品・パーツの製作が可能です。金属を削る「切削加工」、圧縮によって金属を成形する「冷間圧造」、打ち抜きや穴抜き、押し出しなどができる「フォーマー加工」、板材や棒材を立体的に加工する「曲げ加工」、樹脂材質を金型に流し込んで形を造る「成形加工」など、各種加工が可能です。

私たちは最初から「No」とは言いません。協力会社さまと連携しながらお客さまに最適なご提案をし、ねじや部品の安定供給をさせていただきます。ぜひ、「フカサワで何ができるか?」を知っていただければ幸いです。

切削加工

旋盤、フライス盤、マシニングセンタを用いて金属や樹脂素材を加工します。転削加工、旋削加工ともに対応しております。難削材の加工もお任せください。

冷間圧造

塑性加工とも呼ばれ、ヘッダーやフォーマーで金属に圧力を加えて成形します。高速生産や材料ロスの削減が可能で、生産性の向上やコストダウンにつながります。

熱間鍛造

金属を高温に熱した後にプレスやフォーマーによって成形します。鍛造と熱処理を同時に行えるので、素材の硬化・強化も可能です。

フォーマー加工

ナットフォーマー・ボルトフォーマー・パーツフォーマーを用いて金属に圧力をかけて成形する加工方法です。穴抜きや打ち抜き、押し出しなどに対応しています。

曲げ加工

塑性加工の一種で、プレスやロールを用いて金属を曲げる加工方法です。立体的な部品の成形に適しています。ロール曲げ、板折曲げ、ベンダー曲げに対応しています。

成型加工

ポリカーボネート、ポリアセタール、ABS樹脂などの樹脂素材を、射出・押出で形作ります。射出成型、押出成型、ブロー成型に対応可能です。

絞り加工

プレス機を用いて金属素材を継ぎ目がない容器形状に成形する技術です。円筒絞り加工、角筒絞り加工、深絞り加工、浅絞り加工、球頭絞り加工、異型絞り加工に対応しています。

抜き加工

板材などを抜き型の形状に合わせてプレスします。打ち抜き、穴抜き、縁切り、ハーフ抜き、スリット(切込み)という種類があり、打ち抜きたい形状によって選択します。

フォーミング加工

板材や線材を成形する技術で、フォーマー加工やプレス加工よりも丸めたり、ひねったりといった応用ができるのがメリットです。複雑形状の部品加工に適しています。

鋳造加工

鋳型に溶解した鉄、アルミニウム合金、銅合金、ステンレス合金、亜鉛合金などの金属を流し込んで成形技術です。低コストで大量生産が可能。複雑な成形も対応できます。

焼結加工

粉末状にした金属を型に入れて焼き固めることで成形します。ロスや加工工数が少ないため、エコな加工技術として注目を集めています。

材料紹介

株式会社フカサワでは加工の前段階である素材の提供もさせていただきます。樹脂・プラスチック素材に関しては熱可塑性プラスチック、熱硬化性プラスチックの両方を用意。海外環境負荷物質基準にも対応可能です。

金属素材に関しては鉄をはじめ、アルミニウム、ステンレス、真鍮など幅広い材質を取り扱っております。さらに、鉄であれば一般構造用圧延鋼材や機械構造用合金鋼など、お客さまの用途に合わせたご提案が可能です。

取り扱い素材に関してはこちらのページよりご確認いただけます。

金属素材

各種鉄・ステンレス材料(軟鋼線材、一般構造用圧延鋼材、機械構造用合金鋼など)、非鉄金属・非鉄合金材料(銅、Al-Mg系合金、チタン合金、マグネシウム合金など)を取り扱っております。一覧表はこちらのページに掲載しております。

樹脂・プラスチック材料

ポリカーボネート(PC)、 ポリアセタール(POM)、 ポリアミド(PA6 PA66)、 ポリフェニレンサルファイド(PPS) 、ABS樹脂など、幅広い素材をご提供します。お客さまの用途やご要望に合わせたご提案も可能です。

熱処理

熱処理に関してもフカサワにお任せください。被加工性の向上、耐摩耗性や防錆といった目的に応じて、最適な方法をご提案します。協力会社さまと協働し、「焼きなまし」「焼ならし」「焼入れ」といった各種熱処理に対応しております。こちらのページで弊社にお任せいただける熱処理の種類を一覧にしてまとめました。

さらに、切削や鍛造などの一次加工も一貫して対応し、課題解決やコストカットを実現するご提案も可能です。

焼なまし

熱を加えた後に長期間冷却することで金属材料を軟化させます。切削などの加工性が向上し、不良の防止につながります。「拡散焼なまし」、「完全焼きなまし」、「球状化焼なまし」、「応力焼きなまし」の4種類があり、目的に応じて適切なものを選択します。

焼ならし

金属素材を変態点よりも高い温度まで加熱することで炭化物や粗大化した鋼の結晶粒を均一化し、強度不足や歪み、残留応力を改善し、加工性を高める熱処理です。「二段焼ならし」、「等温焼ならし」、「二重焼ならし」の3種類があります。

焼入れ

金属を変態点以上に加熱した後で急速に冷却することで、組織構造を均一に保ったまま、マルテンサイト化させることができます。硬度や耐摩耗性、疲労強度、引張強さを向上させることが可能です。

焼戻し

焼入れをした後にさらに加熱して硬度を調整する工程を指します。金属組織が安定し、粘り強さを持たせることができます。「低温焼戻し」と「高温焼戻し」があり、製品の用途や素材に応じて選択します。

窒化

鋼や合金鋼に窒素原子を拡散浸透させ、金属表面の硬度、耐摩耗性、疲労強度、耐食性、耐熱性を向上させます。他の熱処理と比較すると変形や歪みなどを抑えられることもメリットです。

高周波焼入れ

高周波誘導加熱(IH)を用いて金属を秒単位で急速に加熱してすぐに冷却させることで硬度を高める熱処理技術です。変形や寸法変化を最小限に抑えつつ、強度や耐摩耗性、疲労強度、靭性を向上させることができます。

火炎焼入れ

その名の通りバーナーで鋼や合金鋼材を変態点まで加熱することで炭素を鉄に固溶させ、強度をもたせる熱処理技術です。その後、水や冷却油で急速に冷却し、強度や耐摩耗性、疲労強度が向上します。

電解焼入れ

金属を電解液に浸して通電させる熱処理技術です。通電時間や電解液の温度、電圧などを調整することで硬化層の深さを任意に設定できる、焼入れしたい箇所のみを電解液に浸すことで局所焼入れができるというメリットがあります。

鍍金

金属の表面を金属イオンでコーティングするめっき処理を行うことで、美観を保つ、通電性を制御する、錆や変色、摩耗などを防ぐ効果を得られます。
電解液中で通電させて表面に亜鉛やニッケル、クローム、スズなどの金属イオンの被膜をつくる「電気めっき」、めっき液に素材を浸すことで金属イオン(無電解ニッケル)を定着させる「無電解めっき」の両方に対応可能です。求められる効果や用途によって適した手法や材質をご提案します。

ねじのロック加工について

ねじの緩みにお悩みならロック加工がおすすめです。ネジ部を接着剤でコーティングすることで、強固かつ持続的な締結効果が得られます。「半永久型ロック加工」「繰り返し型ロック加工」「繰り返し型ロック加工」という3つの加工に対応。
ねじ・部品の総合商社であるフカサワだからこそできるご提案があります。

新着コラム一覧~業界情報や技術情報など役立つ情報配信をしております~